中国の無料WiFiスポットは安全に使える?空港や市内での使い方を分かりやすく紹介します

中国在住のタビノススメ編集担当リンリンです。

多くの人が日常生活からスマホを手放せないのは中国も日本も同じ。ネット人口が非常に多いここ中国では、多くの場所で無料のWiFiスポットが設置されています。

これら中国の無料WiFiスポットの中には旅行者でも気軽に使えるものもあるので、上手に使いこなせば中国旅行の強い味方になってくれますよ。

この記事では、私も普段からよく利用している中国の無料WiFiの使い方をできるだけ分かりやすく紹介していきたいと思います。

中国旅行で心配な、無料WiFiを使う時のセキュリティ対策についても記事の後半で詳しく解説していますよ。

中国の無料WiFiスポットの見つけ方

上海浦東国際空港

「中国ではどうやってフリーWiFiを見つけるんですか?」

中国でもフリーWiFiが提供されている場所では、日本でもおなじみのWiFiマークが掲示されているので、探すのはとても簡単です。

北京首都空港 フリーWiFi の掲示

中国にはかなりあちこちにWiFiがあるので、心配しなくても全然大丈夫ですよ。

他にも「无线LAN(無線LAN)」という表示があれば、そこもフリーWiFiが設置されている可能性大です。

中国語のWiFi関連用語

中国語読み方日本語
无线LAN(無線LAN) ウーシエンLANWiFi
无线网(無線網)ウーシエンワンWiFi
无线网络(無線網絡)ウーシエンワンルオWiFi
免费(免費) ミエンフェイ無料
开放(開放) カイファン自由に使えます
账号(賬号)ジャンハオID
密码(密碼)ミーマーパスワード

【上海・北京・広州・深セン】中国の空港で無料WiFiは使える?

北京首都空港

北京首都国際空港、上海浦東国際空港、広州白雲空港など、中国の主要な空港には空港利用客向けのフリーWiFiが用意されています。

空港無料WiFi利用方法
北京首都空港パスワード発行機
上海浦東空港パスワード発行機
広州白雲空港 パスワード発行機
深セン宝安空港 パスワード発行機

ほとんどの主要空港ではパスワード発行機が整備されていて、パスポートや搭乗券をスキャンすることで無料WiFiのパスワードを受け取ることができます。

中国の主要空港ではWiFiパスワード発行機でパスワードを発行できます。

パスワード発行機の利用方法は記事の後半で詳しく紹介しますね。

中国の街中で無料WiFiは使える?

上海の中心部にあるスターバックス。中国のスターバックスにもフリーWiFiはありますが旅行者にはちょっとハードルが高い。

実は、中国の街中フリーWiFiの普及率は、日本よりも充実していると言ってもいいほど。

スターバックスやマクドナルド、ケンタッキーなどの大手チェーン店はもとより、個人経営のお店も含めたレストランなど、かなり多くの施設でフリーWiFiが使えるんです。

他にも、省政府や市政府が運営する公共のフリーWiFi、高速鉄道(中国版新幹線)の駅構内や、公共バスの車内でもフリーWiFiが提供されていることがありますよ。

中国高速鉄道(新幹線)駅のフリーWiFi表示

ただ、市内のフリーWiFiの多くは「中国の携帯電話番号」か「WeChatのアカウント」が必要なことが多いので、旅行者には難易度高めかもしれません。

中国の無料WiFiはどのくらい使える?

中国の無料WiFiってどのくらい使えるんですか?

確かに、日本のフリーWiFiスポットも接続方法が難しかったり、繋がっても混雑していて全然スピードが出なかったりってことありますよね。

ここからは、中国の無料WiFiが「使いやすいか?」「使えるレベルの速度が出るか」の2つについて、無料WiFiの種類ごとに解説してみたいと思います。

中国の無料WiFiは旅行者でも簡単に使える?

私が、中国の無料WiFiで旅行者にも使いやすいと感じるのは、空港と個人商店(レストランなど)のWiFiですね。

空港のWiFiはパスポートをスキャンしてパスワードを発行するタイプで、操作方法もとても簡単です。

個人経営のレストランやカフェなどでは、店員さんにパスワードを聞けばWiFiを使わせてもらえることが多いので、セキュリティにさえ気を付ければとても便利に使えます。

お昼に入ったラーメン店で、スマホのWiFi設定画面を開いてみると「兰州拉面(蘭州ラーメン)」の表示があり、店員さんに尋ねたところ快くパスワードを教えてくれました。

省や市が運営する公衆WiFiやマクドナルドやスターバックスなど大手チェーンのWiFiの利用には中国の電話番号が必要なことが多いので、短期旅行で使いこなすのはちょっと難しいかなと思います。

ただ、最近ではこうした大手チェーンや公共の無料WiFiの中にもWeChatでパスワードを受け取れるものが出てきました。

そこで、中国旅行で「フリーWiFiを使い倒したい」派の方には、「WeChatのアカウント」を作っておくのがおすすめ。

WeChat(中国語では「微信 ウェイシン」と言います)は 、 中国では友人との連絡だけでなくビジネスでも広く使われているチャットアプリなので、アカウントを作っておくととっても便利ですよ。

「WiFi使えますか?」は中国語で何と言う?

中国語読み方日本語
这里有WiFi吗? Zhè li yǒu WiFi ma?
チョーリヨウワイファイマ?
ここにWiFiはありますか?
可以用WiFi吗? Kě yǐ yòng WiFi ma?
カーイーヨンワイファイマ?
WiFiを使うことはできますか?
请给我WiFi密码。 Qǐng gěi wǒ mì mǎ.
チンゲイウォーワイファイミーマー。
WiFiのパスワードを教えてください。

中国の無料WiFi、スピードは快適に使える?

日本でも無料のWiFiスポットの速度は時間帯や場所によってまちまちなことが多いですね。

中国でも同じで、「ここのWiFiは速い」とか「ここのWiFiは遅い」と一概には言えないのですが、一例として私が普段使っている中国の無料WiFiスポットの速度を測ってみました。

無料WiFiの速度や時間帯やタイミングによってもまちまちなので、一例として参考にしてくださいね。

上海浦東空港の無料WiFi速度は体感スピードがかなり遅いです

上海浦東空港の無料WiFi速度
上海浦東空港の無料WiFi速度。数字は悪くないですが実際の使い勝手はあまり良くないです。

上海浦東空港のフリーWiFiの速度を測ってみたところ、ダウンロードで19Mbpsほどの速度が出ました。

ただ、実際に使ってみると、メールやLINEの送受信はギリギリできるものの、画像や動画は見るのも送るのも遅くてストレスを感じました。

時間帯によるかもしれませんが、友達との連絡用以外の用途で使うのはちょっと厳しいかなぁと思いますよ。

中国のスターバックスの無料WiFi速度は店舗や時間帯によってまちまち

次に、私の行きつけのスターバックスでも速度測定をしてみました。

スターバックスのWiFi速度は時間帯やお店によってかなりバラつくので、私の スタバ選び の基準の中には「WiFiの混雑」もあるほどです。

私が見つけたこのスタバは、平日のダウンロード速度が90Mbps以上と、かなりWiFiが快適に使えるんです。

中国でネットを使うには「VPN」がほぼ必須ですが、VPNにつなげても60Mbpsぐらいは出るので、仕事のデータはもちろん、動画を見るのもノンストレスです。

ただ、スタバの快適WiFiも休日の混雑する時間帯は激遅になることが多く、いつでも快適という訳にはいかないのでご注意を。

中国で海外ノマドするならWiFiの快適なカフェを探すのが先決ですよ😊

公共WiFiはかなり遅いことが多いので非常用と割り切った方がいいかも

市や省が提供している公共WiFiは、提供されている場所が多いのはいいのですが、そのせいかスピードは基本的にかなり遅いことが多いです。

私もほとんど使うことがないのですが、週末の繁華街で試しに接続してみたところ、まさかの0.00Mbps。

もちろん実際に何かを検索したり、メッセージを送ろうとしても全く使い物になりませんでした💦

公衆WiFiはハズレを引く確率が高いので、私も積極的に使うことはないですね💦

意外と快適な個人営業のレストランのフリーWiFi

個人営業のレストランやカフェのWiFiスピードは、意外にもチェーン店に比べて快適なことが多いんです。

上でも写真で紹介したラーメン店でもスピードテストをしてみると、下り55Mbpsとなかなかの速度。

もちろんお店によって使っているネット回線が違うので一概には言えませんが、私がこれまで生活してきた感覚では、個人店のフリーWiFiはスピードも安定していて使い勝手がいいと感じています。

個人店は長居するにはちょっと厳しいですが、お店の人と仲良くなれる方、メンタルの強さに自信のある方は個人店ノマドもオススメかも。

中国で無料WiFiに接続する方法

中国のフリーWiFiの接続方法は、日本のフリーWiFiと基本的には同じ、この4ステップでOK。

  1. iPhoneやスマホの設定画面を開く
  2. Wi-Fiを開く
  3. ネットワーク(SSID)を選択
  4. WiFiパスワードを入力(※パスワードが必要な場合)

パスワードが必要なWiFiに接続する時は、WiFi設定画面、もしくはWiFi接続後の画面でパスワードを入力すれば大丈夫ですよ。

中国のフリーWiFiパスワードはどこでもらえる?

中国のフリーWiFiのパスワードは、主に以下のいずれかの方法でゲットできます。

  • SMSで受け取る
  • WeChat(ウィーチャット)から登録する
  • パスワード発行機で受け取る
  • 店内に表示されているパスワードを入力する
  • 店員さんにパスワードを尋ねる

旅行者が主に利用する施設やお店のフリーWiFiの接続方法をいくつかまとめてみたので参考にしてみてください。

上海浦東空港のフリーWiFiの接続方法

上海浦東空港のフリーWiFiに接続する場合、まずは空港内のあちこちにあるこの機械(Wi-Fi パスワードキオスク)を見つけましょう。

上海浦東空港のWiFiパスワード発行機
上海浦東空港のWiFiパスワード発行機

1. パスワード発行機でパスワードを受け取る

WiFiパスワードを発行するにはパスポートが必要なので、パスポートを手元に用意しておきましょう。

パスワード発行機の画面から「Passport:パスポート」を選び、 画面の下側にあるScanning Area(スキャンエリア)にパスポートを顔写真のあるページを開いて下向きに置きます。

パスポートがスキャンされると、 スキャンエリアの左横からパスワードが記されたレシートが出てきますよ。

2. 浦東空港のWiFiに接続する

スマホのWiFi設定画面から「#AirportPVG-Free-WiFi」を選択します。

上海浦東空港の無料フリーWiFi

しばらくすると表示されるログイン画面の、画面中央やや下の「SMS」「Wi-Fi Kiosk」とある部分で右側の「 Wi-Fi Kiosk」を選び、 その下の「User Name」「Password」と書かれているエリアに、レシートに書かれていたUser Name(6桁)、Password(4桁)を入力します。

最後に「Login」と書かれているボタンをタップしたら接続完了です。

スターバックスのフリーWiFiの接続方法

中国の電話番号が必要になるのでやや上級者向きになりますが、中国のスターバックスの無料WiFiに接続する方法もご紹介しますね。

中国のスターバックスではSMS(ショートメール)で WiFiパスワードを受け取る形式が使われています。

  1. スマホのWiFi設定画面から「ChinaNet-Startbucks」というSSIDを見つけて接続します。
  2. ログイン画面が自動的に表示されます。
  3. ログイン画面の「输入手机号」に(中国の)携帯番号を入力し、「获取验证码」をタップします。
  4. しばらくすると携帯のSMSにパスワードが届くので、受信したパスワードを「输入验证码」に入力し「登录」をタップします。

SMSでパスワードを受け取る無料WiFiは、一緒にいる人のスマホで取得したパスワードでもWiFiに接続できますよ。

WeChat認証フリーWiFiの接続方法

少し前から中国で増えているのが、「WeChat(微信)」でパスワードを取得するタイプの無料WiFi。

特に市や省が提供している公共WiFiにこのタイプが増えているように感じます。

江蘇省内向けに提供している「awifi」というフリーWiFiを例に、このタイプのWiFiの接続方法を紹介しますね。

  1. スマホのWiFi設定画面から公共WiFiのSSIDを探してタップします。
  2. 自動で表示されるログイン画面で「微信登录(WeChatでログイン)」をタップします。
  3. 表示されたQRコードを長押しして「写真に保存」します。
  4. 次にWeChatを開き、右上の⊕ボタンをタップして「QRコードをスキャン」を選択します。
  5. 右上にある「自分の投稿」をタップし、アルバムの中から先ほどダウンロードしたQRコードを選択すれば認証完了です。

安全とは言えない中国の無料WiFiの注意点

中国の無料WiFiは安全ですか?と聞かれることがありますが、もちろん無料である以上、ある程度の危険性は覚悟しないといけません。

特に中国には、このように「誰が提供しているかよく分からない」「パスワード不要」のWiFiが飛んでいることがよくあります。

提供元不明+パスワードなしのWiFiは危険です

このような「野良WiFi」の中には、接続した人のスマホやPCから情報を盗み取るウィルスが仕込まれていることがあると言われています。

全ての無料WiFiに危険な訳ではありませんが、「提供元が不明なWiFiには接続しない」「VPNを使う」などの対策をして、危険を避けるようにしたいですね。

中国の無料WiFiでLINEやGoogleを使うには?

中国旅行者や在住者にはよく知られていることですが、中国ではネット規制があるため、LINEやTwitter / Instagram / FacebookなどのSNS、さらにはGoogleも利用できません。

でも、VPNというアプリを使うことで、規制を回避することができ、日本にいる時と同じようにLINEなどが使えるようになります。

VPNアプリは無料から有料までかなりたくさんの種類がありますが、最近発表されたCloudFlare社のWARPは安全性も高く、ある程度なら無料でも使えるのでおすすめです。

中国の無料WiFiスポットを使いこなすなら事前準備をしっかり

中国ではいたるところにフリーWiFiスポットがあります。

空港の無料公衆WiFiや個人店のフリーWiFiは簡単に利用できるので、セキュリティ対策をしっかりしてから上手に活用しましょう。

WeChatやWARP(無料VPN)を事前にインストールしておくと、安心して中国の無料WiFiを使えますよ。

フリーWiFiを上手に利用して、ぜひ中国旅行を楽しんでくださいね。

中国旅行中に快適にWiFiを使うならVPN付きレンタルWiFiがオススメです

とは言え、 実際のところ無料WiFiだけではやはり限界が多いのも事実です。

ビジネスでの出張だったり、旅行中もこまめにSNSを更新したりする場合は、「VPN付きレンタルWiFi」を1台借りていくと快適に中国旅行を過ごすことができますよ。

タイトルとURLをコピーしました