中部国際空港(セントレア)で借りられるWiFiレンタルは?

中部国際空港(セントレア)で借りられるレンタルwifiについて、各社の料金やメリット・デメリットなどをまとめてみました。

海外旅行にWiFiルーターをレンタルするメリット

最近は、セントレアから海外旅行に出かける人の中で旅行中もインターネットを使いたいと思う人が増えてきています。

旅行先のホテルやカフェなどにある無料WiFiももちろん使えますが、できれば海外旅行中ネットがいつでもどこでも使えればもっと安心ですよね。

例えば、海外の空港や観光地に無料のWiFiスポットがなかったり、何かの理由でWiFiスポットにつながらなかったりしても、レンタルWiFiがあれば大丈夫!電波が届くところならネットにつないで地図アプリを使ったりできるでとても安心です。

また、海外旅行のおみやげを頼まれたんだけど、種類が色々ありすぎて分からない!なんて時も、ネットにつながっていれば、LINEやメールで家族や同僚におみやげの写真を見せて選んでもらうこともできますよ。

携帯電話各社の海外パケット定額は料金が高い

海外旅行でスマホやiPhoneを使うには「海外パケット放題」、と思われがちですが、これって実はかなり高いんですよね。

例えば、旅行先でドコモの「海外パケ・ホーダイ」auの「海外ダブル定額」ソフトバンクの「海外パケットし放題」などのプランが提供されていたとしても、料金が1日あたり約3,000円もかかってしまうんです。

これではパケット代だけで5日間の旅行なら1万5千円、1週間なら2万1千円近くの出費になってしまい、旅行先で思う存分グルメを楽しむはずが…ということにもなりかねません。

また、もし旅行先で海外パケット定額が提供されていなかったり、自分の持っているスマホが海外パケット定額に対応していなかったりすると、後から非常に高額な請求がやってきて真っ青!なんてことも実際にあるので、海外旅行先で自分のスマホをそのまま使うのは十分注意が必要です。

でも、レンタルWiFiならスマホのパケット定額よりも断然低額!海外旅行先でも安心してネットに繋げることができますね。

海外レンタルWiFiなら1日580円から!

一方で、WiFiレンタルを使えば、1日580円からの超低価格でインターネットに接続できます。

これだけ節約できれば、旅行先で念願のおしゃれスポットにもいけちゃいそうです。

安い!簡単!安全!な海外ポケットWiFiレンタル

海外レンタルWiFiは使い方が難しいと思われがちですが、初心者でもとっても簡単に安心して使えますよ

グローバルWiFiのレンタルセット

グローバルWiFiのレンタルセット

モバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)は手のひらサイズで、かさばらないので持ち歩きも楽ちん。

ポケットWiFiには既に初期設定がされているので、現地の空港に到着したらポケットWiFiの電源を入れるだけでOKです。

1分ほどで現地の電波につながるので、現地到着後すぐにインターネットを使うことができるんです。

スマホやタブレットをポケットWiFiに接続するのも、たったの2ステップ!

① ポケットWiFiに書いてある「SSID」に接続し
② パスワードを入力する

ほとんどのレンタルWiFiではWiFi機器本体にSSIDとパスワードがテプラで貼り付けてあります。

旅行先に到着したその時から、あっという間にネットが使えるようになりますよ。

主要空港のカウンターではレンタルWiFiルーターの操作説明を受けられるので安心ですね。

ということで、中部国際空港(セントレア)で借りられるレンタルWiFiの中から安くて使いやすいものを見つけてみたいと思います。

中部国際空港(セントレア)のレンタルWiFi受け取り場所

中部国際空港(セントレア)では、グローバルWiFi(ビジョン)、グローバルデータ(イモトのWiFi)、エクスモバイルなどがレンタルWiFiを提供しています。

中部国際空港(セントレア)でレンタルWiFiを受け取れる場所をまとめてみました。

早朝便にも対応可能なカウンター

エクスモバイルは早朝6:30から、グローバルWiFiとイモトのWiFiは早朝7:00からの受け取りが可能です。

営業開始
Xmobile 朝6:30~
グローバルWiFi 朝7:00〜
イモト 朝7:00〜

時間外でも返却可能なレンタル会社

グローバルWiFi、イモトのWiFiともに返却BOXで24時間返却可能です。また、エクスモバイルはポスト投函で返却ができます。

時間外返却
Xmobile ポスト投函
グローバルWiFi 返却BOX
イモト 返却BOX

直前申し込み可能なレンタル会社

イモトのWiFiは前々日の17時まで、エクスモバイルは前々日16時、グローバルWiFiは前々日15時までレンタル予約を受け付けています。

直前受け付け
イモト 前々日17時まで
Xmobile 前々日16時まで
グローバルWiFi 前々日15時まで

グローバルデータ(イモトのWiFi)

3階 出発ロビー 国内線チェックインカウンター「P」手前 docomoカウンター隣

受け取り
返却
営業時間 7:00 〜 22:00
申込期限 前々日の17時まで
返却BOX あり

グローバルWiFi

グローバルWiFi アクセスプラザ店(2F)

受け取り
返却
営業時間 7:00~22:00
受取可能時間 出発3時間前から
申込期限 前々日の15時まで
返却BOX あり

エクスモバイル

3F 出発フロア 南奥 手荷物サービスカウンター

受け取り
返却 ポスト投函にて対応
営業時間 6:30~21:30
申込期限 前々日の16時まで
返却BOX ポスト投函にて対応

中部国際空港(セントレア)で借りられるレンタルWiFi料金を徹底比較!

中部国際空港(セントレア)および乗り継ぎ先の各主要空港で借りられるレンタルWiFiをリストにしてみました。

それぞれの渡航先をクリックすると、宅配プランも含めた詳細な料金の比較を見ることができます。

海外レンタルWiFiを選ぶときに注意すること

さて、海外レンタルWiFiを選ぶ時には、いくつか注意する点があります。

特に注意しておきたいのは、

  • 通信速度
  • 容量制限
  • バッテリー

の3つです。

3Gプランと4Gプランどっちがいい?

海外WiFiレンタルには通信速度が低速の3Gプランと高速の4Gプランの2種類あります。2017年現在、低速3Gプランはほぼ全ての国で取り扱いがありますが、高速4Gプランが提供されている国も非常に覆くなってきました。

一般に、3G回線は速度がかなり遅く、画像の送受信やGoogleマップなどを利用するとストレスを感じてしまいます

それで、もし渡航先で4Gプランが提供されているなら、4Gプランを選んでおくのがオススメです。

4Gプランなら、ほとんどの場合3Gエリアと4GLTEエリアの両方で使えるので、より広いエリアで快適にインターネットを使うことができますよ。

レンタルWiFiの容量制限に注意

海外専用WiFiをレンタルする時には各社の通信容量制限にも注意しましょう。

レンタルWiFi各社の通常プランには1日あたりの通信容量の目安が100MB~300MBの間で設定されています。

1日の通信容量を超えて利用すると通信ができなくなってしまうこともあるので、グループ旅行だったり、写真や動画をたくさん送受信したりする方には、次に紹介する大容量プランをおすすめします。

グループ旅行なら4G大容量プランもおすすめ

グループ旅行などで容量がたくさん必要な場合、1日500MB以上の容量が保証されている4G大容量プラン1日1GB以上の4G超大容量プランを選んでおけば、容量制限で不便な思いをしません。

500MBの容量があれば、3人ぐらいまでのグループなら問題なく使えます。メールやLINEなどが中心の使い方なら4~5人でも大丈夫です。

レンタルWiFiを選ぶ時に、値段だけではなく品質も重視したいという方には、当サイトで人気があるグローバルWiFiのレンタルWiFiをオススメします。

中部国際空港(セントレア)で借りられる海外レンタルWiFiのおすすめの会社を比較してみました。

タイトルとURLをコピーしました